コーヒーメーカー比較 ドルチェグストについて ネスカフェ ドルチェグスト ネスカフェ バリスタ バリスタについて

ドルチェグストとバリスタを徹底比較|どっちがおすすめか違い・味・値段・機能まとめ

投稿日:2017年9月26日 更新日:

美味しいコーヒーが飲めるネスレのコーヒーマシンには、「ドルチェグスト」と「バリスタ」があるのはご存知でしょうか。

コーヒーの淹れ方に大きな違いがあるドルチェグストとバリスタ、どっちを選べばいいんでしょうか?

自宅をカフェ化したい、家でも美味しいコーヒーが飲みたい・・・

そんな方のために、「ドルチェグスト」と「バリスタ」どちらを選べばいいか、味や値段・機能など比較してみました。

どりー
美味しいコーヒーが飲めるのはどっちかにゃ?

▼公式サイトはコチラから▼

ドルチェグストとバリスタの違い・比較

【使い方の違い】1番の違いはコーヒーの淹れ方

コーヒーの違い

ドルチェグストとバリスタの1番の違いはコーヒーの淹れ方にあります。どちらもブラックコーヒーやカフェラテなど作ることができますが、その抽出方法は全く異なります。

  • ドルチェグスト→専用カプセルでコーヒーを淹れる!
  • バリスタ→専用粉末でコーヒーを淹れる!

ドルチェグストは専用カプセルでコーヒーを抽出

ドルチェグストの専用カプセル

ドルチェグストは1杯のコーヒーを1つのカプセルを使って抽出する方式です。

ドルチェグストの専用カプセルは、挽きたてのコーヒー豆を酸素を抜いた後5層構造により密封している特許技術を使っているため、新鮮かつ美味しいコーヒーを味わえるのが特徴。

また、カプセル式なので、コーヒーだけでなくカプチーノやカフェオレ、宇治抹茶まで実に20種類以上のコーヒーメニューを楽しむことができます。

ドルチェグストのコーヒーの淹れ方は簡単で、カプセルをホルダーにセットしてスイッチを押すだけです。

ドルチェグストは自宅にいながら簡単に本格カフェメニューが楽しめるので、飽きがこないです。

バリスタは粉末コーヒーで抽出

バリスタは粉末コーヒーで抽出

ドルチェグストが1カプセル=1杯に対し、バリスタは詰め替えコーヒーの形式です。

「エコ&システムパック」と呼ばれる詰め替えの粉末コーヒーをバリスタにセットし、大体2~3gで1杯のコーヒーを抽出します。

バリスタは基本的に1種類のコーヒーを作り、そこにブライトスティックを入れてカフェラテにしたりカプチーノにしたりして別の味を楽しむことができます。

バリスタのコーヒーの淹れ方はかなり簡単で、ボタン1つで抽出できます。パックを本体にセットしておけば結構持ちますし、後は電源を入れてボタン1つでコーヒーが作れるようになります。

バリスタでコーヒーを作る手順

簡単ステップでコーヒーを淹れられますし、1種類のパックで色んなコーヒーが味わえるのが特徴です。

【料金違い】ドルチェグストとバリスタの1杯あたりのコスパが違う

ドルチェグストとバリスタはコーヒーの抽出方法が全く違うので、当然1杯あたりの料金も変わってきます。

ねすと
1杯あたりの値段は次のとおりだよ!
  • ドルチェグスト→1杯あたり52~54円程度
  • バリスタ→約14~20円程度
どりー
バリスタの方がかなり安いにゃ!

ドルチェグストはより美味しいコーヒーを作るため、特許技術まで取得しカプセルにこだわっています。その分、バリスタの1杯あたりの値段と比較すると2倍以上の違いが出てくるわけですね。

【味の違い】ドルチェグストとバリスタはどっちが美味しいか比較

ドルチェグストで淹れたコーヒー

さて、肝心の味ですが、これはもうドルチェグスト一択です。

もちろん、バリスタも美味しいには美味しいのですが、粉末コーヒーなのでインスタントの域を超えてはいません。それでもインスタントよりかは美味しいんですけどね。

手軽さで選ぶならバリスタでもいいですが、せっかくコーヒーメーカーを置くなら美味しいコーヒーを飲みたいですよね。

ドルチェグストはこだわりを持って作られたカプセルでコーヒーを抽出できますし、美味しいコーヒーの証であるクレマ(泡)ができた本格コーヒーを楽しめます。

1杯が本当に美味しいので、わざわざカフェに行ったり高いコーヒーマシンや豆を買ったりしなくてよくなります。

この本格コーヒーが1杯50円で味わえることを考えるとかなりコストパフォーマンスは良いですね。1年近く使っていますが味は満足しています。

1日2杯飲んでも100円しかかかりませんし、コンビニでコーヒーを買うより安く飲めます。ドルチェグストならコーヒーだけでなく、カフェラテやラテマキアート、チョコチーノなど色んな味も楽しめます。

【メニューの違い】作れるコーヒーの種類を比較

どちらもコーヒーメーカーであることには変わりないですが、作れるメニューにはかなり違いがあります。

バリスタは基本的にブラックコーヒーがメインですが、ドルチェグストはコーヒー以外にもラテやココアも作れるのが特徴です。

  • ドルチェグスト→コーヒーからラテまで20種類以上作れる
  • バリスタ→基本はコーヒーで、スティックを入れてラテが作れる
ねすと
メニューの豊富さでいったら断然ドルチェグストだよ!

ドルチェグストで作れるコーヒーは20種類以上

ドルチェグストで作れるコーヒーは20種類以上

ドルチェグストのコーヒーカプセルは現在20種類以上出ており、色んな好みに応えることができます。

味で細かく分けるとめちゃくちゃ多いですが、シンプルに分けると次の通りになります。

  • ブラックコーヒー
  • エスプレッソ
  • カフェオレ
  • アイスコーヒー
  • カプチーノ
  • ラテマキアート
  • ソイラテ
  • ティーラテ
  • 抹茶ラテ
  • 宇治抹茶
  • チョコチーノ
ねすと
同じブラックコーヒーでも、味で細かく分類されるのが魅力だね!
どりー
ラテメニューも美味しそうだにゃ!

ふわふわのミルクが入ったラテメニューも本当に簡単に作れるので、カフェに行く機会がぐんと減りました。自宅が本格カフェ化しますね。

ドルチェグストのおすすめカプセルについては、「ネスカフェ ドルチェグストのおすすめカプセル10選」にて詳しくまとめていますので、合わせてチェックしてみて下さいね!

バリスタで作れるのは基本コーヒー

バリスタで作れるのは基本コーヒー

バリスタで作れるメニューは基本的にブラックコーヒーとなります。

  • ネスカフェ ゴールドブレンド
  • ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め
  • ネスカフェ ゴールドブレン ドカフェインレス
  • ネスカフェ 香味焙煎 深み
  • ネスカフェ 香味焙煎 丸み ネスカフェプレジデント

ドルチェグストのブラックコーヒーが、ルンゴインテンソやリッチブレンド、モカブレンドなど多様に富んでいるのと同じように、バリスタも好みによって味が異なっています。

ここに「ネスレ ブライト」というスティックを投入することで、カフェラテやカプチーノといったメニューが楽しめるようになります。

【手入れの仕方の違い】お手入れの簡単さ・楽かどうかを比較

最後に、お手入れ方法はドルチェグストとバリスタのどっちが楽かを比較します。

  • ドルチェグスト→さっと流すだけの簡単お手入れ
  • バリスタ→フィルターを水につけるなどやや手間

ドルチェグストはさっと流すだけ

ドルチェグストはカプセル式だからお手入れはかなり楽

何かと手入れが面倒なイメージのあるコーヒーメーカーですが、ドルチェグストはカプセル式だからお手入れはかなり楽です。

というのも、ドルチェグストのお手入れでやることは

  1. カプセルを捨てる
  2. ホルダーを水でさっと流す

2つだけ。後は、たまに給水タンクや湯垢洗浄をするだけで大丈夫です。洗剤も使う必要がありません。

このドルチェグストの「誰でも簡単に作れて手軽に後片付けができる」というのは、毎日使うことにおいてかなり重要なポイントです。

バリスタはフィルターなど手入れする必要あり

バリスタはフィルターなど手入れする必要あり

バリスタも、パーツは簡単に取り外しができるため水洗いのみで済みます。

ただ、専用フィルターなど浸け置きする必要があるため、ドルチェグストと比べると少し手入れはやることが多いです。

フィルターを洗わずにそのままにしておくと、コーヒーの出が悪くなっちゃいますからね。。。とはいえ、他のコーヒーマシンに比べたら充分簡単な方です。

最後に-選ぶならドルチェグストがおすすめ!

選ぶならドルチェグストがおすすめ

以上、ドルチェグストとバリスタを味や値段・機能で比較しました。

ねすと
ドルチェグストとバリスタの比較をまとめると次の通り!
 ドルチェグストバリスタ
手軽さ
料金
美味しさ
メニューの種類
お手入れ方法

手軽にコーヒーを楽しむならバリスタ味にこだわるならドルチェグストですね。

どりー
ドルチェグストも充分安いし、ドルチェグストを選ぶにゃ!

ドルチェグストは日本国内で累計販売台数が200万台を超えている一番人気のカプセルコーヒーマシン。本格的で美味しいコーヒーが簡単な操作で飲めるのが魅力です。

そのドルチェグストを選ぶなら、マシン本体が無料で使えるコーヒー定期便を選ぶことをおすすめします。本体が無料になるだけでなく、コーヒーカプセルの料金も5%~10%オフとお得になります。

定期購入や定期宅配というと、余ったり使わないときも届くイメージがありますが、ネスレの定期便ならコーヒーが余った時は次のお届け日を延期できますし、コーヒーカプセルの内容も自由に変えられるので便利です。

僕は1年以上使っていて、コーヒーは結構な頻度で飲むので定期便は便利ですし、これ余るな・・・という時はお届け日を1ヶ月延ばしたりしています。

どのみちコーヒーマシンでは何もできませんし、カプセルは必要になるわけですから、それなら本体無料の定期便の方がお得。コーヒー好きには自信を持っておすすめします。

定期便のメリットについては「定期便を選ぶメリットを徹底解説!」にて詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてみて下さいね!

本体が無料になるおすすめコーヒーメーカーランキング

ネスカフェ ドルチェグスト

マシン種別カプセルコーヒー
お届け間隔2ヶ月毎に4箱or6箱
本体料金無料
1杯あたり料金約50円程度
送料送料無料
最低利用数3回

ココがポイント!

ドルチェグストは専用カプセルで本格的な1杯を淹れるマシンです。

20種類以上のカプセルが楽しめ、1杯50円とお得な価格で美味しいコーヒーが飲めます。

自宅で本格コーヒーを楽しみたい方におすすめです!

ネスカフェ バリスタ

マシン種別エコ&システムパック
お届け間隔毎月or2ヶ月毎or3ヶ月毎
本体料金無料
1杯あたり料金約14~20円程度
送料4,000円以上無料
最低利用数3回

ココがポイント!

バリスタは手軽に美味しいコーヒーが味わえるマシンです。

専用の詰替えコーヒーで5つの風味が楽しめ、専用スティックでカフェラテやカプチーノも楽しめます。

安いけど美味しいコーヒーを飲みたい方におすすめです!

ネスレ スペシャル.T

マシン種別ティーカプセル
お届け間隔2ヶ月毎
本体料金無料
1杯あたり料金50円
送料4,000円以上無料
最低利用数3箱

ココがポイント!

スペシャル.Tは専用カプセルで本格ティーが味わえるマシンです。

日本茶や紅茶など17種類以上のお茶が楽しめ、1杯あたり50円というお得な価格。

自宅で手軽にティータイムを楽しみたい方におすすめです!

合わせて読みたい

1

「ネスカフェ ドルチェグスト」は、レギュラーコーヒーからエスプレッソ、カプチーノやラテ系まで楽しめる本格コーヒーメーカーです。 カプセルコーヒーを使うので、1杯あたりのコスパも最高ですし淹れる方法もか ...

2

バリスタは、スマホとも連携できて手軽にコーヒーを作れるコーヒーメーカーです。 このバリスタは、ネスカフェが初めて出したコーヒーメーカーなので、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。 専用のコ ...

3

スペシャル.Tは、ネスレのティーマシン。これはお茶専用で、日本茶・中国茶・紅茶・フレーバーティー・ハーブ&ルイボスティーなど、17種類以上のティーメニューが飲めるカプセル式ティーマシン(ティーメーカー ...

4

ドルチェグストでコーヒー定期便を使い始めて1年ちょい。。。これまでドルチェグストのカプセルはほぼ全て網羅しており、どの味が美味しいか・不味いかは一通り把握しています。 ドルチェグストは20種類以上のカ ...

5

本体料金が無料になるネスカフェ ドルチェグストの定期便。申し込んでからは大体3~4日で届きます。 僕も家にコーヒーメーカー(コーヒーマシン)がほしかったので、ネスカフェ ドルチェグストの定期便を申し込 ...

-コーヒーメーカー比較, ドルチェグストについて, ネスカフェ ドルチェグスト, ネスカフェ バリスタ, バリスタについて
-, ,

Copyright© ドルチェグストやバリスタが無料に!|コーヒーメーカー×定期便 , 2018 All Rights Reserved.