コーヒーについて

コーヒーを飲むことによる5つのメリットとデメリットを徹底解説!

投稿日:2017年10月3日 更新日:

基本的にはコーヒーは嗜好品のため、何らかのメリットを求めて飲むというよりも、「美味しいから飲む」「習慣的に飲む」という方が多いのではないかと思われます。

一方でコーヒーを飲みすぎることによるデメリットの面が強調されるせいなのか、コーヒーに対してネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれません。

どりー
んー、僕はコーヒー美味しいから好きだにゃー
ねすと
変な猫だな・・・

ここでは、コーヒーを飲むことによる5つのメリットとデメリットについて解説していきます。

▼公式サイトはコチラから▼

コーヒーを飲むメリット

メリット1.脂肪燃焼

コーヒーに含まれるカフェインには、人間の体内の脂肪を分解させる役割を持つ酵素の「リパーゼ」を活発にする作用があると言われています。

それからカフェインには、呼吸や内臓を動かすための新陳代謝を促す作用もあることから、脂肪を燃焼させやすい方向に導くことが期待されます。特に運動する20分から30分前にコーヒーなどからカフェインを摂るのが、ベストなタイミングとされています。

他にもコーヒーに含まれるクロロゲン酸には、脂肪燃焼を助けるミトコンドリアを運ぶための酵素を活発にする作用があることから、結果的に体脂肪を減らすことにつながるようです。

ただし、コーヒーに限らず、特定の何かを飲んだり食べたりするだけでは、脂肪燃焼はもちろん、その先のダイエットが成功することはあり得ません。適度な有酸素運動と筋肉トレーニング、そして栄養バランスの取れた食事や充分な睡眠を組み合わることが大切です。

メリット2.二日酔い

二日酔いは、お酒に含まれるアルコールが人間の体内に入ることで、アセトアルデヒドと呼ばれる物質に変換され、このアセトアルデヒドがきちんと身体の外に排出されずに留まってしまうことが、二日酔いの原因になると言われています。

コーヒーの成分であるカフェインには血管の収縮作用があると言われています。

これによって、血の巡りを正常な状態に近づけ、更にカフェインの利尿作用により、体外へのアセトアルデヒドの排出を促進することにつながります。お酒を飲んだ後にコーヒーを一杯飲むのは、酔いざましだけではないのかもしれません。

メリット3.リラックス

コーヒーの香りには、リラックス効果があると言われています。

コーヒーの香り成分が、脳の中のアルファ波の発生を促す作用があることが、その根拠となっているようです。

コーヒーで一息つくというのは、ちゃんと理にかなっているということになりますね。

メリット4.覚醒作用

コーヒーを飲むメリットとして最も実感しやすいものが、カフェインによる脳の覚醒作用かもしれません。

カフェインは、脳の中枢神経を刺激し興奮状態に導くことで、眠気を取り除き、身体の動きを活発にする働きがあると言われています。カフェインを摂取してから1時間後を目安に覚醒作用が現れることから、仕事や学習の開始前にコーヒーを飲むのがオススメです。

ただし、あまりにも毎日多くの杯数を重ねていると、身体にカフェインに対する耐性ができてしまうため、あくまでもほどほどにしておくことがポイントとなるようです。個人差もありますが、1日に2杯から3杯程度が、ちょうど良い理想的なコーヒーの杯数とされています。

メリット5.抗酸化作用

ストレスなどで体内に活性酸素が増えることで、シワやシミ、生活習慣病の原因になると言われています。

ただし、活性酸素自体は決して悪いものではなく、適度なバランスが保たれていれば、体内にとって良くない影響を与える細菌を倒す役割や、酵素がきちんと働くように促す役割を果たしてくれます。あくまでも大切なのはバランスです。

そこで、活性酸素のバランスを適度に取るために使われるのが抗酸化作用です。抗酸化作用はもともと人間の身体に備わっているものではあるのですが、加齢によって低下していく傾向があります。そのため、食べ物から抗酸化作用のある栄養素を摂り入れる必要があるのです。

抗酸化作用のある栄養素には、ビタミンCやビタミンE、トマトに含まれるリコピンや、大豆に含まれるイソフラボン、にんにくや生姜に含まれるアリシン、そして赤ワインやコーヒーに含まれるポリフェノール(タンニン)などがあります。

そのため、適度な量のコーヒーを飲むことも、老化を抑えるアンチエイジングにつながるということになります。

コーヒーを飲むデメリット

ねすと
コーヒーを飲むメリットも多いけど、反面デメリットもあるよ!
どりー
え!何かにゃ・・・

デメリット1.利尿作用

コーヒーのカフェインによる利尿作用は、新陳代謝を促進することにもつながる一方で、トイレに行く回数が増えるというデメリットもあります。

移動中や仕事の関係上、そうそうトイレにばかり行くことができない状況の場合には、コーヒーを飲むのは控えた方が良いかもしれません。

デメリット2.鉄分不足

コーヒーの持つ成分には、前述した抗酸化作用のあるポリフェノールがありますが、このポリフェノールの一種であるタンニンには、鉄分の吸収を妨害する作用もあります。

タンニンは鉄と結合することでタンニン鉄となり、タンニン鉄には水に溶けにくい性質があるため、腸の中で鉄分の吸収の邪魔をすることにつながります。

そのため、貧血気味の人や、サプリメントなどで多くの鉄分を摂っている人の場合、コーヒーとの組み合わせは避けた方が良いと言われています。

ただし、食後30分から1時間後に適量のコーヒーを飲むようにしたり、タンニンの少なめな深煎りのコーヒーを飲むことで、鉄分の吸収の妨害が緩和される作用が期待できます。

他にも普段から鉄分を多く含むレバーやひじき、ほうれん草や小松菜などを積極的に食べるようにすることも、鉄分不足を防ぐための方法となります。

デメリット3.口臭の原因

コーヒーは口臭の原因になるというデメリットもあります。

コーヒーの成分であるタンニンやクロロゲン酸は口や舌に付着しますと、時間の経過とともに唾液の分泌を妨げるようになり、唾液が分泌しないことによる口内の乾燥や、悪臭の原因物質が居座ってしまうことが、口臭となって現れてしまいます。

その対策として、コーヒーを飲んだ後に必ず水を飲むようにすることが、タンニンやクロロゲン酸の付着を抑えることにつながります。

また、他に口臭対策として専用サプリを摂取する方法があります。

「臭ピタッ」というサプリは、95%の方が効果を実感しているほど臭い対策に効果を発揮するサプリ。

1日1粒~2粒程度と目安量は少ないですし、今なら初回お試しが1袋(31粒入)1,080円送料無料で購入できるのでお得です!口臭の原因としてコーヒーはさほど強くありませんが、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

臭ピタッの詳細をチェック!

デメリット4.胃液の分泌

コーヒーを飲むことによって、胃液の分泌が活発になります。

胃の中に食べ物があれば消化を助けることになるのですが、反対に胃の中が空な状態では、胃液は胃そのものを荒らしてしまう作用があります。

そのため、空腹時にはコーヒーをできるだけ飲まないようにすることが大切です。

デメリット5.睡眠への影響

コーヒーのカフェインには、覚醒作用がある一方で、睡眠への影響もあります。

例えば浅い睡眠になったり、寝付きが良くなかったり、カフェインの利尿作用のために、途中で起きてしまうといったことが起こりやすくなります。

それを防ぐためには、寝る前の4時間から6時間前には、なるべくコーヒーを飲まないようにするか、カフェインの少なめなカフェオレやカフェラテなどを飲むようにすると良いかもしれません。

まとめ

以上、コーヒーを飲むメリットとデメリットを紹介しました。

ねすと
デメリットもあるけど、そこまで問題ないよ!
どりー
別に薬じゃないしにゃ!

メリットが多い美味しいコーヒーを自宅で作るならドルチェグストのコーヒーメーカーがおすすめです。

ドルチェグストは日本国内で累計販売台数が200万台を超えている一番人気のカプセルコーヒーマシン。本格的で美味しいコーヒーが簡単な操作で飲めるのが魅力です。

そのドルチェグストを選ぶなら、マシン本体が無料でもらえるコーヒー定期便を選ぶことをおすすめします。本体が無料になるだけでなく、コーヒーカプセルの料金も5%~10%オフとお得になります。

定期購入や定期宅配というと、余ったり使わないときも届くイメージがありますが、ネスレの定期便ならコーヒーが余った時は次のお届け日を延期できますし、コーヒーカプセルの内容も自由に変えられるので便利です。

僕は1年以上使っていて、コーヒーは結構な頻度で飲むので定期便は便利ですし、これ余るな・・・という時はお届け日を1ヶ月延ばしたりしています。

どのみちコーヒーマシンでは何もできませんし、カプセルは必要になるわけですから、それなら本体無料の定期便の方がお得。コーヒー好きには自信を持っておすすめします。

定期便のメリットについては「定期便を選ぶメリットを徹底解説!」にて詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてみて下さいね!

本体が無料になるおすすめコーヒーメーカーランキング

ネスカフェ ドルチェグスト

マシン種別 カプセルコーヒー
お届け間隔 2ヶ月毎に4箱or6箱
本体料金 無料
1杯あたり料金 約50円程度
送料 送料無料
最低利用数 累計60箱

ココがポイント!

ドルチェグストは専用カプセルで本格的な1杯を淹れるマシンです。

20種類以上のカプセルが楽しめ、1杯50円とお得な価格で美味しいコーヒーが飲めます。コーヒーの味・手軽さ・コスパ・手入れの簡単さのどれをとってもトップクラス。

自宅で本格コーヒーを楽しみたい方におすすめです!

ネスカフェ バリスタ

マシン種別 エコ&システムパック
お届け間隔 毎月or2ヶ月毎or3ヶ月毎
本体料金 無料
1杯あたり料金 約14~20円程度
送料 4,000円以上無料
最低利用数 3回

ココがポイント!

バリスタは手軽に美味しいコーヒーが味わえるマシンです。

専用の詰替えコーヒーで5つの風味が楽しめ、専用スティックでカフェラテやカプチーノも楽しめます。味はドルチェグストに敵いませんが、1杯14~20円程度で飲める安さが魅力。

安いけど美味しいコーヒーを飲みたい方におすすめです!

ネスレ スペシャル.T

マシン種別 ティーカプセル
お届け間隔 2ヶ月毎
本体料金 無料
1杯あたり料金 50円
送料 4,000円以上無料
最低利用数 なし

ココがポイント!

スペシャル.Tは専用カプセルで本格ティーが味わえるマシンです。

日本茶や紅茶など17種類以上のお茶が楽しめ、1杯あたり50円というお得な価格。専用カプセルは味にこだわっており、ボタン1つでお茶にとって最適な温度・量で抽出されるのが魅力。

自宅で手軽にティータイムを楽しみたい方におすすめです!

記事をシェアする

合わせて読みたい

1

「ネスカフェ ドルチェグスト」は、レギュラーコーヒーからエスプレッソ、カプチーノやラテ系まで楽しめる本格コーヒーメーカーです。 カプセルコーヒーを使うので、1杯あたりのコスパも最高ですし淹れる方法もか ...

2

バリスタは、スマホとも連携できて手軽にコーヒーを作れるコーヒーメーカーです。 専用のコーヒー詰め替えパックである「エコ&システムパック」を本体にセットすれば、ボタン1つでコーヒーを作れる優れもの。1杯 ...

3

スペシャル.Tは、ネスレのティーマシン。これはお茶専用で、日本茶・中国茶・紅茶・フレーバーティー・ハーブ&ルイボスティーなど、17種類以上のティーメニューが飲めるカプセル式ティーマシン(ティーメーカー ...

4

ドルチェグストでコーヒー定期便を使い始めて1年ちょい。。。これまでドルチェグストのカプセルはほぼ全て網羅しており、どの味が美味しいか・不味いかは一通り把握しています。 ドルチェグストは20種類以上のカ ...

5

本体料金が無料になるネスカフェ ドルチェグストの定期便。申し込んでからは大体3~4日で届きます。 僕も家にコーヒーメーカー(コーヒーマシン)がほしかったので、ネスカフェ ドルチェグストの定期便を申し込 ...

-コーヒーについて
-,

Copyright© ドルチェグストやバリスタが無料に!|コーヒーメーカー×定期便 , 2017 All Rights Reserved.